prohibition of smoking

禁煙外来について

城南病院では、禁煙外来を行っています。

タバコの煙にはニコチンやタールをはじめ、4000種類以上もの化学物質が含まれ、そのうち200種類以上は有害物質で、発癌性物質は60種類にものぼります。
タバコを吸わない人と比べた場合、咳や淡、呼吸困難などの発状をきたす肺気腫など慢性閉塞性肺疾患(COPD)といわれる肺の病気になる可能性があり、肺癌のリスクは4.5倍といわれております。それ以外にも動脈硬化、狭心症や心筋梗塞、喉頭癌などの発症リスクが高まるといわれています。また、2010年10月よりタバコ税の増税により一般的な銘柄で1箱400円を超え、1日1箱1年間タバコを吸うと400円×365日=14万6千円以上となり、お金もかなりの金額になります。
近年、禁煙をする方が増えてきていますが、自分の意志だけで止める事はなかなか難しく失敗する人が多くいらっしゃいます。その理由は、タバコの煙に含まれるニコチンが麻薬にも劣らない依存性をもつからです。タバコを吸う習慣は“ニコチン依存症”という病気なのです。
現在、ニコチン依存症に対する薬がありますので、もしタバコを止めようと思っても、なかなか止める事ができない方は、病院の禁煙外来を受診してください。禁煙外来は通常、合計5回約3ヵ月間の来院治療で終了するようになっており、一定の条件を満たした喫煙者の方(※)なら健康保険での保険適用で診療が可能です。
保険適応での費用の目安としては、5回の外来治療(0,2,4,8,12週に外来を受診、トータルで3ヵ月間)で3割負担の健康保険の場合、飲み薬で3ヵ月間で約2万円、貼り薬1万3千円となっています。禁煙したいけど止められないという方はご相談ください。

城南病院 院長 黒木昌幸

禁煙外来での保険適用となる条件:タバコ依存症に係るスクリーニングテストでニコチン依存症と診断されること。[1日の喫煙本数×禁煙年数]が200以上であること。直ちに禁煙する意思があること。禁煙治療を受けることに文書で同意すること。

医療法人 啓仁会 城南病院

宮崎県都城市大王町30-5
TEL:0986-23-2844(代)
FAX:0986-26-1997
診療時間
月~金  午前8:30~12:00

月~金  午後14:00~17:00

(※診療受付は午後17時までとなっております)

土 8:30~12:00

(※第2・4・5土曜日・日曜・祝日は休診です)


携帯・スマホはコチラ

ページの先頭へ戻る