detail

当院では睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行っております。

次の症状の確認:大きないびきをかく、日中とても眠い、起床時の頭痛やだるさ、睡眠中の指摘、肥満や糖尿病の高血圧

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群を分かり易く図を描いたイラスト

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
わが国では200~300万人の潜在患者がいると言われております。

注目されるべき生活習慣病との合併

睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病、高血圧との合併を表したグラフ図睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病、心疾患のイベントを表したグラフ図

治療方法はありますか?

睡眠時無呼吸症候群の治療方法CPAPという、鼻マスクをかぶって寝ている様子

適切な治療を行うと、日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり、改善することができます。軽症の方は、減量や飲酒を控えるなどの生活習慣の改善により症状が軽減したり、なくなることもあります。中~重症の方は、鼻マスクによるCPAP※という治療方法が行なわれております。

※CPAPとは:鼻マスクから気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸を是正する治療方法です。(健康保険適用)

検査は簡単に行えます

睡眠時無呼吸症候群の自宅でできる検査で、寝る前に腕に簡単な検査装置を装着して寝ている様子

  1. 簡単な問診・アンケート

    日中の眠気、生活習慣に関するアンケート
  2. 自宅での簡易検査

    寝る前に腕に簡単な検査装置を装着して寝ていただきます。
  3. 医師の診断

検査によりわかること

  • 無呼吸や低呼吸の重症度がわかります。
  • さらに詳しい検査が必要かどうかがわかります。
  • 早期にCPAP治療の導入を必要とする場合があります。

医療法人 啓仁会 城南病院

宮崎県都城市大王町30-5
TEL:0986-23-2844(代)
FAX:0986-26-1997
診療時間
月~金  午前8:30~12:00

月~金  午後14:00~17:00

(※診療受付は午後17時までとなっております)

土 8:30~12:00

(※第2・4・5土曜日・日曜・祝日は休診です)


携帯・スマホはコチラ

ページの先頭へ戻る